レジ袋をなくそう!お買い物をした際、使うのがレジ袋。
クリーニング業界では『サービスバック』と呼んでいます。文字通り、サービスで差し上げているからです。
このレジ袋、最近ではだいぶ、環境問題として取り上げられるようになりました。
レジ袋1枚作るのに、20mlの石油が使われます。
そして、わざわざ石油を使って作ったレジ袋はその大半が燃やされ、CO2を排出されているのが現状です。
また、自然の中で分解しませんから、そのまま残ったレジ袋を動物たちが飲み込み、命を落とすケースも発生しています。

私たちがこのことに問題視したのは2007年でした。

クリーニングの仕上がり品は1枚ずつビニール袋に入ってきます。 それをお客様にお返しするとき、無料でレジ袋に入れて、お渡ししています。 これまでは、それが当たり前のように思っていました。

でも、会員様の場合、専用バックを用意しており、お客様はそれに仕上がり品を入れて持ち帰るようになり、レジ袋は使わなくなってきました。 また、あるお客様は、仕上がり品5枚を持ち帰るのに、以前に使ったレジ袋を持ってきて、それに入れて持って帰られました。

環境のことを考えていくうち、上記のようなお客様を増やすことで、レジ袋を少なくできるのではないか?そう考えるようになってきました。

そして2007年10月、レジ袋の使用を減らすことを目的にするためレジ袋1枚10円という、有料化を開始しました。
それでもやっぱり雨の日や、袋が必要な方は、お金を払ってでもレジ袋を購入します。
私どもは、レジ袋を売るのが目的ではありません。
そこで、取った行動が、貸し出し用のバックを用意し、袋が必要なお客様にはレジ袋を売るのではなく、このバックに入れてあげるようにしました。
これにより、今ではレジ袋を買うお客様は、ほとんどいなくなりました。

追伸 そんなバックを貸して、戻ってくるのかって?

はい!お客様はちゃんと返しに来てくれます!

私たちのお店

クリーニング&リフォームおしゃれ共和国

宅配クリーニングクインズガードくるくる便